田町腎クリニック 移転計画

東京、山手線沿線の田町駅前の南田町クリニックの移転計画です。
既存ビルの最寄り敷地の新築ビルの1~4階まで、透析クリニックが入る計画です。
狭小敷地の事務所ビルのため、ワンフロアにできるだけ透析ベッドを並べ、 20床の透析を計画しました。

計画概要:

●透析室を無柱空間でレイアウト
●こだわりの透析液浄化:オンラインHDFも予定
●透析入口に感染対策用:飛沫感染防止のための、カーテン設置のベッドを配置
●袋小路にならない透析ベッドレイアウトを採用
●間接照明と処置灯を併用・調光可能な照明計画
●透析室と別フロアに、ゆとりのある透析待合、更衣室を配置
●4階には、将来の透析増床スペースを確保した計画
●断水時でも、少しでも透析治療が継続可能にするため、高架水槽を設置

待合室
2階 待合

透析室

3階 透析室1

透析室

3階 透析室2

透析室

3階 透析室3

所在地:東京都港区
用 途:診療所

設計担当:河津 孝治
山崎 慎二